FC2ブログ

我が家の可愛い娘marblesとの楽しい日々(思い出と一緒に)

今日は長女snoopyの命日

2007.10.02.Tue.14:14
雨が降ると足が痛くてたちあがるのが大変だったわね。我が家の長女は弁閉鎖不全症と言う病気にもなりましたが、、02年5月に右後肢腫(血管外膜細胞腫)」と、言う病気になりました。(癌のことです。)所見:結合織に、屡、粘液様変化を含む異型性の強い紡錘形および類上皮型細胞が、時折の分裂像を伴い、広範囲に血管に関連して束状ー渦巻き状ー充実性増殖しています。極めて再発能の強い悪性腫癌です。と、病理検査報告を戴いてあったのですが、「3年再発なしですむといいね。」と、話していたのですが、昨年末から何だか同じ所が腫れてきたように感じてはいたのですが、術後の縫い目?と甘く考えておりました。が、今年早々病院で「再発」と、言われわかってはいたのですが、やはり3年再発せずにはいられなかった。と、残念な気持ちでいっぱいでした。長女はこのときすでに、心臓の病気になっておいたので、再手術はあきらめたのです。が、ここのところ足が痛いようで、急な体勢などをしょうとすると足をつけないことが増えた。足は痛くないはず?と、聞いていたのですが、つけないとなるとやはり痛いのでしょうか?朝晩心臓の薬を投与しているので、これ以上薬ずけにするのもかわいそうなので、足の痛みが酷くならない事を祈った。、もともと、生まれてすぐ「腎臓が悪くて毎日点滴に通った子」なので、今もアレルギーを出してしまう心配もありワクチンの注射のあとアレルギーおさえる薬をもらうほどでしたから。だから余計に12才8ヶ月まで生きてこれたなぁ。なんて今はありがたく思っています。でも、犬なのに人間に気を使って無理に歩いたりする我が子が愛くるしいです。こちらに心配かけないように無理してでも立ち上がろうとする子を見ると頭が下がります。「snoopyちゃんもう少し図太く生きていいのよ。」と、声をかける毎日だったのをよく覚えています。そして背中に3つもハゲができてしまったのよね。
無菌性結節性皮下脂肪織炎何故できるのか?毛穴からゼリー状の液が出てその液が毛を硬く固めてしまい、纏まって抜ける。毛の抜けた姿から「蜂窩織炎」とも呼ばれるらしい。地肌が蜂の巣のようにみえるかららしい。地肌は赤く痛々しいのだが、本人は痛みはあまりないらしい。又カユミもないとのこと。次女や他にうつるか?心配だったのだが、その心配もないとのことで一安心。「無菌性」菌がないのになぜ?病気になるのか不思議だ。
良くなっているとよいのだが・・・。これ以上病気が増えないといいのだがと、願ったのだが。
ハゲその②

毛がむけてしまう状態です。
snoopyその①

毛がドンドンむけてしまい、下の皮膚が見えています。
子供の頃からsnoopyは肝臓が悪くて毎日点滴に時間外の時間病院の待合質での膝の上に乗って点滴を2本打ちに通院しましたね。
色々今となっては良い思い出になったのよね。
snoopyその③

亡くなる前にsnoopyの嫌いな海にもさよならを言いに行けたのを覚えていますか
今はもう海も怖くなくなったでしょうね。
いつも海の方を絶対見ないで、海を背にしていたsnoopyを思い出しているのよ。
元気なころのsnoopy

本当に病院には何ヶ月も毎日点滴に通院したわね。12歳まで良く頑張って生きてくれたことはにとっては誇りです。
04年10月2日午前9時3分に永眠。心臓の薬を飲み始めてからも病気と闘ってきました。苦い薬っを無理やり飲まされ日々。そして、病院にお薬と診察に行く日だったのですが、朝支度を始めたその時苦しむ事なく、安らかな顔で息を引き取りました。永い間本当お疲れ様。もう、嫌な検査もない、薬も飲まなくてよいところに行ってしまったのね。病院のスタッフの方にはお別れは出来なかったのですが、最後に病院のスタップの皆様からお花まで頂戴しましたね。亡くなった日はの腕の中で大きく3回深呼吸をして、これはお別れのご挨拶だったのでしょうね。snoopyからの・・・
今でも病院のスタッフの皆さんはsnoopyの思い出話をしてくれますよ。
足の手術で本当なら足をつける状態ではなかったのに、が面会に行くと足をついてしまうので、先生に「snoopyちゃん足をついてはダメよ足の骨を削って癌の部分を取り除いたのだから、足がつけるはずはないのよ。お家に帰りたいのはわかるけど、まだ入院ですよ」と、怒った先生も今では「本当にsnoopyちゃんは頑張り屋さんだったですよね。」と、笑い話をしてくださっているわよ。今はきっと目には見えないけど、marblesが心配で傍についているのでしょうね

霊園のスヌーピーの名札をかざってあるのですが、その名札も3年でもう一度住職にお経をあげてもらうので、今日はそのお経の日です。
本堂で住職のお経を気持ちよくsnoopyも聞いているかしら
あっという間の3年、まだ3年どちらとも実感する毎日です。
snoopyちゃん貴女がしっかりお教育してくれたmarblesは、今もおりこうさんで、我が家の自慢の次女になりましたよ。
snoopyのお陰なのよね。ありがとう


最後に我が家のsnopyがしっかりお教育係をして育ててくれた次女marblesちゃんの今日のおまけです。
何か、問題でも??

marbles>「今日はワタチが主役ではないんだって。ワタチは今からでちゅ。」
スポンサーサイト



コメント

NoTitle
さっちーさん
snoopyは今頃ユキちゃんと一緒に元気に走り回っていると思いますv-411
marblesがマコちゃんと知り合えたように、きっとsnoopyとユキちゃんも知り合えたとことでしょうね。
snoopyが病気で大変だったからこそ、marblesの健康な体が今は本当にありがたいです。
アレルギーはありますが、それでも、お薬を飲み続ける病気ではありませんからねv-398
マコちゃんもmarblesも長生きしてもらわないと困りますよね~。
NoTitle
soraさん
子供は親に似るv-361と、言いますが、私も子供の頃から大病をしたりしていたので、snoopyも私に似ていたのでしょうねv-411
snoopyが病院にかかりっきりの子だったので、獣医さん方にmarblesを飼う時とても反対されたんですよ。その時はわからなかったのですが、ワンコを飼うってことは本当に大変なのだと、今は実感しています。
でも、何ものにもかえらない癒しをsnoopyは私達に与えてくれましたからv-411
今は傍にいても見えなくなりましたけど、私達をずっと見守ってくれていると信じています。
やっぱりワンコのいる生活は、大変でもありますが、いいものですよね。これは飼ったことのある人以外はわからないと思いますけどv-392
B君もsoraさんのお宅にこれたから、長生きできているのではないですかv-361
私はそんな気がしています。
NoTitle
さぶにさん
たぶんmarblesはsnoopyが見えているような行動をする時があるので、きっといつもmarblesにはsnoopyが見えているような気がしますv-411

本当にsnoopyは12歳も生きられないのではないかv-361と、思っていたので、よく頑張ってくれたと思っています。
ワンコはこちらの気持ちがよくわかると実感しています。
最後の最後は「snoopyもういいよ。」の言葉を聴いて虹の橋に行ったように思えてなりません。
あの子は本当に病院と仲良しでしたね。自分が具合悪くなると必ず私やパパのお顔をジィ~と見つめる子でしたから。こちらの気持ちはお見通しって感じがして怖く感じたことがありました。今はきっと新しいお友達と元気いっぱいで第二の人生を楽しんでいるのではないでしょうかv-361
NoTitle
スウさん
本当にsnoopyが亡くなった時はmarblesがいてくれたから、元気に頑張ってこれたと思っています。
「泣いてばかりはいられないぞe-281」と。
スウさんもももちゃんがいてくれるから、落ち込んでばかりいられないぞ。と、今のスウさんの元気があるのですよね。
marblesを大切に育てないとsnoopyに怒られそうなので、怒られないように頑張っています。
まだsnoopyにかかわった方から思い出話が出るのはとても嬉しいことですね。

NoTitle
kiyomikさん
シルビアちゃんは平成10年12月25日の夜明けに亡くなったのですよね。(あれ?間違っていたらゴメンなさいです)
snoopyもきっと今頃はシルビアちゃんとも出会えて一緒に元気に遊びなら進ちゃんやmarblesの話をしていることでしょうねv-411
私もsnoopyが心臓のお薬を飲み始めたのでブログを始めたんです。何か書いて残しておかないときっと忘れてしまうのではないかv-361と、ブログを始めて、kiyomikさんや進ちゃん、シルビアちゃん(のことは記事で)そして、皆さんとも知り合えたわけですから、この出会いは大切にしたいと思っていますv-22
snoopyも今は元気いっぱいできっと楽しい第二の人生を満喫していると思っていますので、私もmarblesがsnoopyのところに行った時楽しい思い出話が出来るように大切に時間を過ごして行こうと思いますi-235
NoTitle
ろーにんさん
何だかあっというまの3年でもあり、まだ3年v-362って感じもしますね。
snoopyは本当に自分はmarblesの事が大好きだったようで、何か怒られるような事をした時は私が怒る前にsnoopyがmarblesを怒っていましたv-411
もしかするとmarblesは「私がしっかり育てないとi-198なんて思っていたのかも知れません。
きっと今でもsnoopyはmarblesを見守り続けていると思います。時々snoopyがmarblesの体の中に入っているのかしらv-361なんて思える行動をする時があるのです。marblesを大事にしないとsnooopyに怒られそうですv-393
NoTitle
随分沢山の辛い思いをしたsnoopyちゃんに涙が
出ました。そしてsnooblesさんも辛かったでしょうね。
でもでも今は元気な身体になって沢山の仲間達と
虹の橋のたもとで走り回って楽しく過ごしていると
私は思っています。きっとウチのユキとも友達になって
くれていると思うよ。
そして「千の風になって」いつも見守ってくれている。
スヌーピーちゃんのお命日を迎えられていたのですね。
様々な想い出が甦ってくるのでしょうね。。。
頑張り屋のスヌーピーちゃんの
お話を読ませて頂きながら涙が溢れちゃいました。
ツライ病と闘いながらも愛されている幸せを
感じていたのだろうと思いました。
soraもB君にシッカリ気持ちを注いで上げようと
そう深く考えさせられました。
スヌーピーちゃんの優しさや真の強さを知ることもできたように思います。
きっと、いつも傍で皆さんを見守ってくれていることでしょう。
マーちゃんのおねえちゃまは誇らしい!
そんなおねえちゃまだったのですね☆
NoTitle
スヌ-ピ-ちゃんの命日なんですね。
マ-ブルちゃんは何か感じているでしょうか。

スヌ-ピ-ちゃんが色んな病気を抱えても必死に生きようとしていた様子を感じて、涙が出ます。
何故ワンコはこんなに苦しいはずなのに飼い主の笑顔のために頑張ろうとするんでしょうか。
自分の苦しさよりももっと大切にしたいものなんですね。

テレビで下半身不随状態だったワンコが、動物の話が分かる人によって気持ちを飼い主さんに伝えられた途端
起き上がろうとした瞬間を見て、スヌ-ピ-ちゃんはこんな感じで頑張ろうとしたんだなと思いました。
そしてママさん、パパさんに感謝しているでしようし、見守ってくれていますよね。
マ-ブルちゃんこれからもがんばろうね。
NoTitle
今日がsnoopyちゃんの命日だったのですね。
snoopyちゃんはとても偉い良い子だったのですね。
今でもsnooblesさんやマーブルちゃんをずっと見守ってくれていますから
本当にいい子ですね!(^0^)/
この3年、辛い時もあったでしょうが乗り越えてこられたのはマーブルちゃんのおかげですね。
snoopyちゃんもマーブルちゃんと一緒にいると思います。
snooblesさんも体を大切にしないとsnoopyちゃんに怒られますよ。(^m^)
NoTitle
snoopyちゃんの命日の今日、いろいろな事が思い出されるのでしょうね。
辛かったこともたくさんあったであろうsnoopyちゃん、
今頃は虹の橋で楽しかったことを話しているのかも^^
そしてsnooblesさんやパパさん、マーブルちゃんが自分のことを
話しているのを一緒に聞いていたりして(*^_^*)

読んでいて私がブログを始めたころ(2004年)を思い出しました。
たくさんの人のブログを読んで、snooblesさんのブログに
辿り着いた頃です。
その時はsnoopyちゃんは天に召された後だったのですが
もっと前からのを読ませていただいて、泣きながら読んだんです。
マーブルちゃんいいお姉ちゃんがいて幸せだねv-22
今日、snoopyちゃんの命日だったのですね。
大変な病気をしても、snoopyちゃんは頑張って元気な姿を見せてくれたのでしょう。
ワンコは本当に頑張りますからね。。
飼い主さんの悲しそうな顔を見るのが一番辛いですから。
今はもうどこも痛くなくて、マーブルちゃんやsnooblesさんご夫婦をちゃんと見守ってくれていますね。
こうしてコメントを書いているとき、私のそばにも来てくれているかもしれません。
「私の妹、いつも元気に寝てばかりで(?)ごめんなさい」とか言ってるかも(^^)

ハロウィーンのテンプレート、なかなか可愛いですね♪

管理者のみに表示