FC2ブログ

我が家の可愛い娘marblesとの楽しい日々(思い出と一緒に)

昨日、今日と少し暖かくなりましたね。

2007.03.22.Thu.15:40
今日はsnoopyの入っている合同慰霊碑に届けものがあり、行ってきました。
合同慰霊碑お参りに来てくださる方全員で使えるように『風よけローソク立て』(市販の物)を置いて置いたのですが、風よけのカバーの部分がプラスチックで出来ていて、ローソクをつける時に使い方がわからない方がいたらしく、周りの部分が火で熔けてしまい風の強い日はお線香に火をつける前にローソクの火が消えてしまい、皆さん困っていたのです。
パパさんはお墓参りに行くたびに「ローソクの火を風から守るようなカバーを作らないとだな・・・」と、よく話していたのです。
なんと・・・なんと・・機能は仕事から帰ってきたらお土産があるではないですか?
ママ>「これは何?お土産??」と、喜んでいると
動物霊園合同慰霊碑用のローソク立てカバー

パパ>「会社の人に頼んで作ってもらっちゃった。」
と、喜んでいるではないですか
ママ>「パパ会社に行って何しているの?」と、思わず聞いてしまいましたよ
パパ>「外側と中側の色も変えて注文しちゃいました明日お寺に置いてきて。」と、言われていたので、さっそく今日置いてきました。お墓に着くと丁度住職の奥様がお墓にいたしたので、「これを置かしていただきたいのですが、宜しいでしょうか?」と、お聞きすると住職の奥様とっても喜んで下さり、さっそくお墓のお線香置き場の近くに場所を作って下さいました。
住職の奥様>「風の強い日は、ローソクが消えてしまって皆さん困っていましたものね。前のローソク立てもsnoopyちゃんのお家が用意してくださったのですか?こちらで用意しなくて本当にスミマセン。」と、喜んで下さいました。
(住職の奥様は我が家をsnoopyちゃんのお家の方と、呼んで下さいますので、いつお会いしてもsnoopyちゃんと読んでもらえるので、きっとsnoopyも喜んでいるのではないでしょうか?)
ちなみにパパさんのお仕事はけしてこのような物を作る会社ではありません
当分これでお線香の火も楽につけられそうです
住職の奥様>「せっかくお墓にいらしたので、昨日お塔婆は立てたのですが、これをママさんがもう一度入れてあげて下さい。」と、お塔婆立てから取り出してくださいましたので、お線香を供えて、お塔婆も立ててきました。
昨日は動物の彼岸の会だったので、お花もお供えも入りきらないほどの賑やかなお墓になっていました。
続きを読む "昨日、今日と少し暖かくなりましたね。"
スポンサーサイト



 | HOME |